矯正治療

今では歯並びをキレイに整えることは、
当たり前の時代になっております。
当院では矯正治療専門の歯科医がご担当いたします。

歯並びは「見た目」だけに関わるものではありません!
歯並びの乱れは、顔の見た目を損なうだけでなく、
歯磨きや発音などに悪影響が出ることもあります。

矯正治療はなぜ必要?

歯並びの乱れはむし歯への影響も起こる事があります。

歯並びの乱れは、顔の見た目を損なう場合があり、お悩みの方は多くいらっしゃいます。
また、見た目以外にも歯磨きや発音などに悪影響が出ることもあり、早めに治療したほうが良いといわれています。
欧米では、歯並びをきれいに整えることは当たり前
日本においても、タレントや営業の方などは積極的に治療する方が多く、矯正治療は一般的にも広まりつつあります。

美しい歯並び
噛み合わせによるリスク
噛み合せによるリスク
乱れた噛み合せ 正しい噛み合せ
むし歯 なりやすい なりにくい
歯周病 なりやすい なりにくい
口臭 出やすい 出にくい
顎関節症 なりやすい なりにくい
発音 不明瞭になりがち 明瞭なれる
外傷 できやすい 受けにくい
精神面 コンプレックス 明るい・積極的
咬合能力 劣る 優れている
消化器系内蔵 悪影響がある 悪影響がない

歯並びが改善されると、歯磨きがしやすくなります。
また、顎の骨が正常に動くことで、咀嚼機能の向上などといった良い効果が、お口の内外であらわれます。

矯正治療が必要な歯並び

歯並びが悪い例と矯正後

叢生(乱ぐい歯)

上下の前歯や小臼歯が重なりあって、凸凹になった不正咬合です。
顎の骨が小さく、歯の生えるスペースが足りないために、犬歯や第二大臼歯などが斜めに生えてしまっている場合も多々あります。

叢生(乱ぐい歯)_ビフォーアフター
下顎前突(受け口)

歯を噛み合わせたときに、下顎の前歯が上顎前歯よりも前に突き出ている不正咬合です。

下顎前突(受け口)_ビフォーアフター
上顎前突(出っ歯)

歯を噛み合わせたときに、上の前歯や上顎が下の前歯より大きく前方に突出した不正咬合です。

上顎前突(出っ歯)_ビフォーアフター
過蓋咬合

歯を噛み合わせたとき、下の前歯が見えなくなるほど前歯の噛み合わせが極端に深い不正咬合です。

開咬

上下の歯を噛み合わせても前歯や横の歯が接触せず、しっかり噛み合わない不正咬合です。

交叉咬合

歯を噛み合わせたとき、上下顎の奥歯の噛み合わせが横にずれている不正咬合です。

矯正治療専門医による治療

矯正治療担当医のご紹介

矯正歯科専門医 清水博子先生
矯正歯科専門医:清水 博子
  • 東京医科歯科大学矯正科で専門教育を受けた臨床経験豊富な矯正専門医です。
  • 矯正治療相談のご予約はお電話にてお受けします。
  • 日程についてはご相談下さい。
矯正歯科専門医 清水博子先生